Columnコラム

悪質な嫌がらせ・イタズラには探偵に相談するべき!

24.02.05

【嫌がらせ調査】悪質な嫌がらせ・イタズラには探偵に相談するべき!

探偵による嫌がらせ調査とは、どのようなものなのか。主に「いつ」「誰が」「どこで」「どのようにし
て」嫌がらせやイタズラを行っているのかを調査することを指します。
探偵は嫌がらせの依頼内容に応じて、張り込み、尾行、機材やインターネットなどを用いて犯人が誰なのか
証拠をおさえます。
探偵に依頼をすることで、自分で調べるのは難しい、警察がなかなか動いてくれない、などといった場合に
探偵に依頼をすれば、その実態を明らかにするだけでなく、どのような対応を取ればいいのか対処法までア
ドバイスを受けることもできます。
嫌がらせは被害者が泣き寝入りになるケースが多い事案です。何としてでも犯人を特定したい、嫌がらせを
してくる目的は何なのかを知りたいなら、探偵に嫌がらせ調査を依頼するのは有効な手段と言えます。

1 嫌がらせ調査をする理由

探偵に嫌がらせ調査を依頼することで以下の情報を明らかにすることができます。 ・犯人を特定できる
・犯人の素性がわかる
・嫌がらせの証拠を得られる
・嫌がらせの目的がわかる
また、嫌がらせの犯人を突き止めることで、次のように自分の目的に応じた対応を取ることができます。

1-1【嫌がらせ行為の再発を防止する】

嫌がらせ行為の被害に遭ってしまった場合、まずは再発を防止することが大切です。 「車にイタズラされた」「自宅の前にゴミが捨てられた」などといった実害が続いている場合、早めに犯人 を特定して適切な対処をしない限り被害は収まりません。 いたずらや嫌がらせの再発防止のためには、「犯人を特定し止めさせる」「証拠を基に警察へ協力を仰ぐ」 また、犯人が未成年であれば、相手の親と話しをして、子どもにいたずらを止めさせ無くてはなりません。 また、被害を受けた費用を弁償させることも必要です。

1-2【警察に頼むために証拠を集める】

嫌がらせやイタズラのような軽犯罪では、警察はなかなか動いてくれません。それは大きな事件が優先され てしまい、このようなケースは後回しにされるるケースが多いためです。しかし、犯人による嫌がらせ行為 の証拠をおさえ、警察へ提出すれば話しが変わります。 軽犯罪とはいえ、警察の職務として犯罪行為を野放しにすることはできません。犯罪性が高い嫌がらせやイ タズラなら逮捕に繋げることも可能なのです。このように証拠があれば、警察を動かすための大きな動機づけになります。

1-3【慰謝料・損害賠償を請求】

嫌がらせ行為の犯人が特定できれば、相手に罪を償わせることが可能となります。
金銭的な解決を求めるなら、探偵の証拠を持って弁護士に頼るのが良いでしょう。ほとんどの探偵事務所は
弁護士と提携していますので、連携してスムーズに解決することができるのです。

1-3【嫌がらせ調査の種類】

いろいろな種類の嫌がらせによる調査依頼がありますが、それらの一例を紹介します。 嫌がらせは見知らぬ人物のケースもあれば、犯人は隣人だった、なんてこともあります。 いずれにしても嫌がらせを放置しても良いことは何もありませんので、同じような被害に遭っている方は早 めの相談をお考えください。
嫌がらせ行為の一例
・窓ガラスに石やゴミを投げつけられる
・車やバイクに傷をつけられた
・車やバイクにペンキやスプレーで汚された
・家の敷地内や玄関にゴミを撒かれた
・郵便物を盗られた、中を見られた
・家に盗聴器、カメラを仕掛けられた
・ゴミの中を調べられた
・ネットストーカーをされた
などなど。

1-5【自身でできる対策とは】

嫌がらせは内容にもよりますが、自分で予防をしたり、これ以上被害を拡大させないために対策を取ること もできます。以下のような方法を試してみましょう。
・玄関や室内に防犯カメラを取り付ける
・玄関や自宅敷地内に人間照明を設置する
・ドアの鍵を変える
・外から室内を見られないようにする
・セキュリティ会社と契約をする
・ SNS に自分の行動などを載せない などなど。

2 探偵に調査を依頼する

嫌がらせ被害に遭った場合、まずは自力で犯人を探そう、悪質なケースなら警察に相談しようと考える人も 多いかと思います。 しかし、嫌がらせ調査は自分でできることには限界があり、警察は軽犯罪と判断すれば本格的な捜査はして くれません。
そのような場合、探偵に調査を任せることで迅速に問題解決できる可能性が高いです。

2-1【自分にできないことをやってくれる】

嫌がらせ・イタズラは本人が現場にいない時間帯で行われることがほとんどです。現場を四六時中監視する
ことは難しいでしょう。また、相手がストーカーの場合、下手に調査をすることで思わぬトラブルに巻き込
まれてしまうこともあります。
プロである探偵なら、現場を張り込みしたり、撮影機材を設置したり、その後尾行して素性を暴くことがで
きたりなど、さまざまな手段を用いて一般の人にはできない高度な嫌がらせ調査を実行してくれます。

2-2【証拠をおさえる】

探偵の仕事は証拠をおさえることです。嫌がらせ調査では、いつ誰が何をしたのかを、写真撮影や動画撮影 により確かな証拠として収めます。 一般の人が使わない高性能なカメラや望遠カメラなどを使用し、夜間であっても撮影が可能です。さらに は、犯人を尾行して住所や職場を特定することもできます。 この証拠があることで、警察を動かしたり、賠償金請求をすることが可能となるのです。

2-3【トラブル拡大を防ぐため】

嫌がらせやイタズラはそのまま放置しているとエスカレートするのが常です。犯人はもっと苦しむ姿を見た いとばかりに、嫌がらせの回数、より悪質な内容へと発展するケースが多いのです。 探偵が犯人を突き止めることにより、相手に警告を発したり、加害者やその家族と直接示談交渉もできま す。もちろん、警察に嫌がらせを止めさせるように頼むこともできます。 犯人がわかることで、嫌がらせを今以上に起こさせない、被害を最小限に抑えることができます。

3 嫌がらせ調査の方法とは

嫌がらせ調査と言ってもいろいろな案件があります。探偵は依頼内容をもとに様々な調査方法を駆使しま す。探偵の嫌がらせ調査の代表的な方法をご紹介します。

3-1【監視カメラを使う】

家の周りで起こる嫌がらせ・イタズラの場合、毎回同じ場所で繰り返し行われます。そのため、探偵は夜間 対応の小型暗視カメラを設置して撮影を行います。 プロ仕様の高性能なカメラですので実際に嫌がらせをしている顔や姿もはっきり動画に残すことが可能で す。これによって、犯人特定の動かぬ証拠となるのです。

3-2【盗聴器・盗撮カメラの発見】

嫌がらせ行為の中には度を越したストーカー行為も存在します。痴情のもつれを原因として、女性の家に盗 聴器・盗撮カメラを仕掛けたりして監視をするストーカーがいます。探偵に調査依頼をすることで、仕掛け られた盗聴器やカメラを発見することができます。 個人情報が漏れている、行動が筒抜けになっているなどと感じたら、室内に盗聴器・盗撮カメラがあるかも しれませんので、早めの対処が必要です。

3-3【張り込み・尾行】

プロである探偵であれば嫌がらせをする犯人を張り込みによって突き止め、尾行をすることで所在を特定す ることも可能です。当然、張り込み中や尾行中もカメラで撮影を行っているため、証拠を残すことができるのです。
探偵は尾行・張り込みは調査の難易度に応じて、調査員の数を増やすなどして、正確に犯行の証拠と犯人の所在を明らかにしてくれます。

3-4【調査費用を抑えるには】

嫌がらせ調査は、犯人がいつどのタイミングで犯行に及ぶかわからないため、ある程度長期戦になることも あります。調査期間が長くなれば、その分探偵の調査費用は高くなります。嫌がらせ調査に限らず、探偵の 調査費用を抑えるには、より多くの情報や手がかりを探偵に渡すことが重要です。
・嫌がらせのあった日時を記録する
・犯行現場の写真を保存する
・犯人の特徴がわかれば伝える
・嫌がらせのパターンから調査日をピンポイントに絞る
探偵が調査を行う時間や段取りがスムーズになるよう協力することにより、結果として費用も抑えることに
繋がるのです。

まとめ

嫌がらせや、悪質なイタズラが続くと気持ちが不安になることでしょう。犯人が誰なのか分からない、見当 もつかない場合は尚更です。嫌がらせで警察が本腰を入れて捜査に乗り出すことは稀ですので、自身で犯行 を抑止するしか方法はありません。 嫌がらせ対策ができないのであれぼ、頼るべきは探偵ということになります。前述したように嫌がらせが行 われるのは、あなたがいない時間帯がほとんどです。犯人を突き止めるために仕事を休んだとしても、証拠 をおさえることは簡単ではありません。無茶な調査を自分で行い、犯人と思わぬ形で接触してしまった場 合、より悲惨な事件へ発展するおそれもあります。探偵であれば、犯人に悟られず、時間帯問わず嫌がらせ の証拠を高確率で抑えることができます。総合探偵社 Beerus (ビルス)では 24 時間お問合わせ可能です。また、相談・見積もりも無料で承っております。
取り返しがつかなくなる前に、一度ご相談ください。

(総合探偵社Beerus‐ビルス)

・”Beerus(ビルス)の不倫調査・浮気調査について詳しくはこちら”

・コラム:浮気調査・不倫調査に使えるグッズやアプリのご紹介

・コラム:妻の浮気や不倫の行動パターンについて

・コラム:不倫相手の【既婚者とは知らなかった】という主張!関係ありません!

・コラム:妻や旦那の不倫(浮気)が発覚したらどうすればいいの?発覚直後の適切な行動

・コラム:キャバクラやホスト通いは浮気になる? 分かりにくい境界線をはっきりさせよう!

・コラム:『浮気』と『不貞行為』の違いについて

・コラム:浮気の特徴11選!当てはまる事項が多ければ多いほど危険!?

・不倫調査・浮気調査の実例集

・Beerus‐ビルスの人探し調査について詳しくはこちら

・人探し・所在調査・家出調査 関連コラム:”名前だけで人探しは可能?”

・人探し・所在調査・家出調査 関連コラム:”人探しのご依頼が急増中!?家出調査・家出人捜索について詳しくまとめてみました!”