Columnコラム

不倫や浮気は年末年始の連休より、正月明けに注意!!

24.01.31

・”Beerus(ビルス)の不倫調査・浮気調査について詳しくはこちら”

不倫や浮気は年末年始の連休より、正月明けに注意!!

節目の一つである年末年始。年末であれば仕事納めや職場の忘年会などがあり、そのまま年始のお正月の集
まりや初詣など、連休とはいえなにかと忙しいシーズンです。
年末年始のこの時期は、夫婦や家族で過ごす時間が増えるため、パートナーの行動が気になってしまう時期
でもあるかもしれません。
そもそも年末年始は浮気・不倫をする機会が増えるのか?それとも減っていくものなのか?今回は年末年始
の不倫事情や不倫している人が年末年始に取りがちな行動や年末に突きつけられてしまう離婚届けの理由な
どご紹介します。

1 .年末年始は浮気・不倫するのか?

様々な行事が重なる年末年始ですが、浮気しているカップルたちにとっての密会のチャンスとなるのでしょ うか。
まずは年末年始の浮気・不倫事情についてご参考ください。

1-1【浮気・不倫はできない】

まず、結論から申し上げると年末年始の連休は不倫しにくい状況でなかなか会えず不倫カップルにとっては 辛い時期となります。 近い時期のクリスマスは、不倫相手と甘い夜を過ごせたとしても、年末年始は家族や親戚と過ごすという意 識が日本人に刷り込まれているのか、不倫したくてもなかなかできないのが現実です。
また、年末年始は外出する人も増えるため、人目を忍んでこっそり不倫相手とデートする、ということがな
かなか難しくなります。年末年始の連休中に誰か知り合いにデートしているところを見られる訳にはいかな
いため、周囲の目を気にして会うことが難しくなるというのもあります。
さらに、年末年始はほとんどの会社が連休となるため、社内不倫のカップルも会社の中ですら会うことがで
きず、残業や会社の飲み会、接待などの口実で不倫相手と過ごすことも難しくなってしまいます。
そのため、お正月明けは年末年始の会えなかった反動によりお互いの気持ちに火がつきやすいタイミングな
のです。

1-2【正月明けに要注意】

年末年始は、よほどな事情がなければ基本的には家族と過ごす人が多いため、不倫相手にはなかなか会えな くなるということはお伝えしました。
会社に行けば顔を会わせられる社内不倫も、年末年始は会社が休みになるため、1 週間近く会えていない状態 になります。そのため不倫しているお互いが、会いたい気持ちを正月明けに爆発させます。

また、年末年始は配偶者や家族を優先していたということから不倫相手の嫉妬が強くなりがちで、その結
果、正月明けになると高い確率で不倫相手と過ごすことが増えていくでしょう。
誰でも新年早々、浮気・不倫されてはたまったものではありませんが、逆に考えれば、正月明けのタイミン
グで浮気・不倫調査をすれば、高い確率で証拠が手に入るということでもあります。
浮気調査や不倫調査は調査にかかった時間が長くなればなるほど調査費用も高くなりますので、お正月明け
に狙い撃ちで調査を実施すれば、費用を安く抑えられ決定的な浮気・不倫の証拠を高確率で確保できるので
す。

2. 年末年始にどんな行動をするか

年末年始の連休が終わり、不倫相手との関係をすぐに再開させるために不倫している人たちは水面下で動い ています。
ここでは、浮気・不倫している人が年末年始にしてしまいがちな行動についてチェックしていきましょう。

2-1【スマホをずっと触っている】

年末年始に限ったことではありませんが、浮気や不倫している人はスマホを触っている時間が長いです。パ ートナーや家族を優先せざるを得ないことも多いので、せめて連絡だけはマメにしておきたいと思うのでし ょう。
このように、年末年始に限らず不倫している人は不倫相手との連絡のために常にスマホをいじりがちです
が、年末年始は家族で過ごす機会が増え、配偶者の行動が目に留まりやすく特に気になってしまいます。
もし、家族や親戚などの集まりの場にもかかわらず、常にスマホをいじっていたり肌身離さず持っていたり
すれば注意が必要です。
連休明けのデートの約束をしている可能性も十分考えられるからです。

2-2 【なにかと忙しいアピール】

浮気・不倫している人は、年末年始の連休中にも、なにかと忙しいアピールをしてきます。クリスマスも仕 事などと言いながら不倫していた場合、年末年始も忙しいなどと予めジャブを打ってくることもあります。 そうすることで、正月明けの待ちに待った不倫相手とのデートがバレないように、前もって用意周到に仕事 を言い訳にしておくのです。

2-3【帰省すると言い出す】

年末年始は不倫相手となかなか会うことができないとお伝えしましたが、中にはどうしても我慢できずに不 倫相手に会いに行くケースもあります。 その際、帰省を口実にすることが多いです。しかも、不倫相手に「今すぐ会いたい。正月明けまで待てな い」などとせがまれて会いに行くことになるケースが多いため、急に帰省すると言い出すパターンが多いのです。

2-4【飲み会が増える】

帰省以外にも新年会や同窓会などの飲み会を口実に出かける人もいます。やたらと飲みにいく機会が多いな
と感じたら、その中には不倫相手とのデートが含まれているかもしれません。
飲み会から帰ってきたら服のニオイや財布の中のレシートなどをチェックしてみると良いでしょう。

3. 関心が薄れてしまう

年末年始の時期は過ごし方が普段とは違ってきますので、そのようなタイミングで不倫しているパートナー と接するのは注意が必要です。下手に接してしまうと不倫しているパートナーの心はますます離れていって しまいます。

3‐1 夫を責めることが増える

浮気や不倫していても、やはり家族を大切にしなければいけないという責任感を持っていたり、家庭は壊し たくないという思いがあったりしますので、夫も年末年始は家にいることが多くなります。
しかし、不倫相手を放置している罪悪感や不倫相手からの催促で、変わらず連絡はマメにします。普段はあ
まり気にならなくても、年末年始は家にいる時間が長くなるので、自分の目の前で不倫相手と連絡を取り合
っているであろう場面を見てしまう機会が多くなるのです。
当然ながら妻としては気になりますし、スマホをいじっていることを責めたり問い詰めたりしてしまうでし
ょう。
夫の反応によっては不機嫌になったり落ち込むこともあるかと思います。
夫は妻と不倫相手を比較して、居心地の良い不倫相手へますます関心を寄せてしまうのです。

3-2【妻の行動が嫌になる】

年末年始は夫が嫌がる行動を妻がする、そんな機会が増える時期です。 どういうことかと言いますと、
「大掃除」「おせち作り」「親戚への挨拶」「初詣」「お年玉の用意」など、いつもとは違った行動を取る
ことになりますよね。そして、どれもが中々に面倒くさい。その面倒くさい準備や用事をほとんど妻が請け
負ってやっている家庭が多いかと思います。
そうなると、どうしても妻はイライラしやすくなってしまいますし、「家事」をスムーズにこなすために夫
に対しあれやこれやと命令しぎちです。
このように、いつもと違う日常を送る妻を見て、「妻といると疲れる」「命令ばかりされてうんざりする」
などの想いを抱いてしまい、妻や家庭から心が離れていくのです。

4 .年末の離婚

浮気や不倫されているだけならまだ我慢もできるし見逃してあげてもいい、と考えている人も多いかもしれ ませんが、離婚届を持ってこられたら話は変わってきます。
しかし、現実問題として、夫が不倫している状況で年末に離婚届を突き付けられるケースは意外と多いので
す。不倫している夫が妻と離婚をしたがる理由は、不倫相手と一緒になりたいからとしか考えられません。
では、なぜ年末に離婚を迫る人が多いのでしょうか。

4-1【今年中には、、と考えている】

人は何か始めたり目標を立てる際に区切りやすい時期や期間を選びがちです。 「半年で~」「今年中には~」「年内には~」などよく聞きますよね。
これと似たように、離婚したがる人も、「今年中にケリをつけたい」と考えて年末に離婚届を持ってきて判
を押してほしいと言ってきているのです。それに加え、「今年中にケリをつけられたら新しい年は不倫相手
と晴れて正式に結ばれる」と思っているのかもしれません。

4-2【年度末を狙っている】

離婚は結婚とは違い、離婚の話が出てすぐに離婚届を提出するという話にはならないものです。なぜなら相 手が納得しないことが多いからです。
離婚話を切り出した側もある程度はそのことを理解しているため、年末に離婚届を相手に見せたところで、
すぐに離婚ができるとは思っていないものです。その場合、せめて年度の切り替わりまでには。と、春まで
に決着をつけることを前提に離婚届を持ち出す人もいるのです。
新年と同様、新学期も新しいスタートを切るタイミングであり、妻と離婚して不倫相手との再スタートを切
るには丁度いいと考えているのかもしれません。

4-3【相手に急かされている】

年末に離婚届を突き付けられ、離婚を迫られた場合の多くが不倫相手に急かされている可能性が考えられま す。
「今年中に奥さんと別れて」などといった台詞はドラマや映画の中だけの話ではありません。不倫相手から
のプレッシャーに急かされたため年末に突然離婚届を持ってきているのかもしれません。
ここで離婚届に判を押してしまうと、不倫している夫と不倫相手の思う壺ということです。急に離婚届を突
き付けられたら誰でも動揺してしまうかと思います。一旦心を落ち着かせ、今後有利に進めていけるよう、
不倫の証拠を掴むことと不倫相手の素性を調べ上げることを考えていきましょう。専門家である探偵に依頼
をすれば、より確かな証拠を集めることが可能ですので、方法の一つとして検討されてみてはどうでしょう
か。

まとめ

年末年始の不倫についてご紹介しましたが、なかなか不倫相手に会い難い時期なのです。
なので、注意が必要なのは正月が明けた後となります。
ただ、浮気・不倫が増えるということはその分、不倫の証拠を集めやすいということでもあります。年末に
離婚届を突き付けられ、離婚を迫られたとしても浮気や不倫の証拠があればいくらでも闘うことができます。

不倫の証拠を持っていれば、不倫相手に対し、慰謝料請求することもできますし、離婚を拒否することもで
きます。もし仮に、相手の言う通りに離婚するとなったとしても養育費や財産分与などにおいて有利な条件
で離婚を進められます。
パートナーが不倫しているかもしれないと不安に思う方や、実際に離婚してほしいと言われてしまっている 方、より良い着地を目指しているのであれば一度ご相談ください。
総合探偵社 Beerus (ビルス)では、ご相談、見積もりは無料で承っております。

(総合探偵社Beerus‐ビルス)

・”Beerus(ビルス)の不倫調査・浮気調査について詳しくはこちらをクリック” 

・コラム:浮気調査・不倫調査に使えるグッズやアプリのご紹介

・コラム:不倫や浮気はマッチングアプリから

・コラム:妻の浮気や不倫の行動パターンについて

・コラム:不倫相手の【既婚者とは知らなかった】という主張!関係ありません!

・コラム:妻や旦那の不倫(浮気)が発覚したらどうすればいいの?発覚直後の適切な行動

・コラム:キャバクラやホスト通いは浮気になる? 分かりにくい境界線をはっきりさせよう!

・コラム:『浮気』と『不貞行為』の違いについて

・コラム:浮気の特徴11選!当てはまる事項が多ければ多いほど危険!?

・コラム:妻や夫の不倫や浮気が発覚したら、まずは探偵に相談するべき?

・コラム:違法となる浮気調査 ※ご自身で浮気調査をする際には特に注意が必要です!

・コラム:妻や夫の浮気や不倫・不貞行為 不倫発覚から慰謝料請求までの流れについて詳しく解説!

・コラム:夫の風俗通いが原因で離婚!慰謝料請求はできるの?

・コラム:不倫によって離婚するメリットやデメリット、決めておくべきこと

・コラム:ダブル不倫はなぜ起きてしまうのか?ダブル不倫のリスクやハマりやすい人の特徴を解説

・不倫調査・浮気調査の実例集