Example実例

TwitterやInstagramから浮気に発展??(不倫調査・浮気調査)【千葉県:30代女性】

23.07.09

不倫・浮気調査について詳しくはこちらをクリック

■お客様の相談内容

今回は、千葉県在住の30代女性から、旦那の不倫・浮気調査について問い合わせを頂きました。
最近夫がスマートフォンを頻繁に見ていて、コミュニケーションを取ってくれず、家の中でも常にスマートフォンを持ち歩くようになり、浮気の可能性があると思い事実を調査してほしいとのことでした。
これまではスマートフォンをあまりいじらない人だっただけに、スマートフォンを常時いじっている旦那様に違和感を覚えたようです。
旦那様に何を見ているのか尋ねると「ネットニュースを見ている」「ゲームをしている」と応えるだけに留まっているようですが、食事や睡眠以外の時間はほぼスマートフォンをいじっている状況に、依頼者も何かあると思い、もしかしたら浮気相手がいるのではと判断し今回の調査を依頼されたそうです。
一週間後に旦那様は一泊二日で大阪に出張されるそうで、依頼者様は出張先での浮気の可能性もあると疑い、旦那様の出張が終わるまでの一週間を調査期間として設けさせて頂きました。

■相談内容を解決するための調査方法

調査対象である旦那様は四六時中スマートフォンを使用していることから、浮気相手と日常的に連絡を取っている可能性があるため、出勤から退勤までの一日の外での行動を見張ります。
また、SNSで浮気相手とやり取りしていることも考えられるので、旦那様のTwitterやInstagramのアカウントを特定し、親密にコミュニケーションを取っているアカウントの特定も行います。
出張時も同様に見張りを行います。

■調査内容

旦那様は商社に勤めていて、朝は7時に家を出て電車に乗り、1時間ほどして8時頃に会社に出勤するので、その間調査員が行動を見張ります。
勤務中は会社を出ることがなく、18時頃に会社を出てそのまま自宅に帰ったり、同じ部署の社員と飲みに行ったりする旦那様の行動も見張ります。
並行してSNSアカウントの特定を行い、該当するアカウントの投稿や、コメントでのやり取り、いいねをつけたアカウントから浮気相手らしき女性のアカウントを探します。
見つかった場合はそのアカウントについても詳しく調査します。
出張は当日の午前中に千葉を出発し、13時には大阪に着いて取引先と打ち合わせを行った後、近くのホテルに泊まり、翌日は取引先と打ち合わせや大阪観光をしてから14時頃に大阪を出て、夕方には千葉に着いてそのまま自宅に帰っていきました。
旦那様の出張期間中も見張りを実施しました。

■調査結果はどうだったか

結論としては、旦那様は浮気をしていて、浮気相手は大阪在住の20代後半の女性でした。
まず、普段の生活では浮気を疑えるような行動や女性との接触はなく、同僚との飲み会後も真っ直ぐ自宅に帰る様子が見られました。
一方でTwitterに旦那様らしきアカウントを発見し、ツイートを追うと毎回のツイートにいいねをしてフォローし合っているアカウントがあり、そのアカウントとはリプライでもやり取りをしていました。
更には浮気相手とみられるアカウントからは、旦那様の大阪滞在時と同じ日に、同じ場所から撮ったような大阪の写真をツイートしていました。
その後大阪での出張では、旦那様のホテルに特定したアカウントの持ち主と思われる対象女性が入っていき、3時間ほどして旦那様と対象女性がホテルから出てくる様子が見られました。
デート行う様子や、ホテルの出入りといった行動を全て証拠映像に収めることができたので、そこで調査終了となります。

■お客様の悩みは解決したか

旦那様と対象女性の行動を映像に収め、依頼者様に見せるととても落ち込んだ様子でした。
しかし、依頼者様は旦那様と別れたいといったお気持ちはなく、今後については夫婦2人で話し合って決めたいということでしたので、後日経過報告をして頂くことにしました。
後日お話しを伺うと、旦那様とはSNSの禁止と、夫婦でのコミュニケーションの時間を確保することを条件に、再発防止のために誓約書を交わし、今回の件については和解されたようです。
旦那様は出張先である大阪で撮った写真をTwitterに上げたところ、女性アカウントからコメントをもらい、それがきっかけで仲良くなっていき、大阪への出張があるときは会っていたそうです。
今ではSNSをやめたことで、旦那様と依頼者様はコミュニケーションを取る機会が増え、お互いのスマートフォンを相手に見られても問題ないということでした。
依頼者様は調査を依頼するまでは、毎日がとても苦しかったそうですが、調査結果が出て旦那様とも話し合い、浮気・不倫の事実が解決されたことで、今は晴れた日常を送っているそうです。
近年ではSNSの普及により、TwitterやInstagramからのDMやコメントから浮気に発展する事例もよく耳にしますので、あまりSNSを使用しないという方もパートナーと相互フォローをし、浮気に発展すり前にできる対策を打つことをお勧めします。
類似したケースでお悩みの方がいれば一人で悩まずに、まずは無料相談からお気軽にご相談を頂ければと思います。

■今回の調査費用

・調査内容:不倫調査・浮気調査(張り込み・尾行・映像による証拠の収集)
・トータル使用時間:30時間
・期間:60日間
・調査人員:2名
・費用:440,000円

(総合探偵社Beerus)

”Beerusの不倫調査・浮気調査について詳しくはこちら”

・コラム:浮気調査・不倫調査に使えるグッズやアプリのご紹介

・コラム:不倫や浮気はマッチングアプリから

・コラム:妻の浮気や不倫の行動パターンについて

・コラム:不倫相手の【既婚者とは知らなかった】という主張!関係ありません!

・コラム:妻や旦那の不倫(浮気)が発覚したらどうすればいいの?発覚直後の適切な行動

・コラム:キャバクラやホスト通いは浮気になる? 分かりにくい境界線をはっきりさせよう!

・コラム:『浮気』と『不貞行為』の違いについて

・コラム:浮気の特徴11選!当てはまる事項が多ければ多いほど危険!?

・不倫調査・浮気調査の実例集