Columnコラム

もう一度会いたい!〇〇年前の人探し調査!初恋の人探しや、旧友に会いたいなど。

24.01.12

もう一度会いたい!〇〇年前の人探し調査!初恋の人探しや、旧友に会いたいなど。

【Beerusの人探し調査について詳しくはこちらをクリック】

初恋の人やかつての同級生のことをふと思い出し、「もう一度会いたい」と思ったことがある人もいるかと
思います。その人に直接会えなくても、所在や近況だけでも知りたいと考える方もいます。
そんなときにおこなうのが人探し調査です。人探しは自体は自分でもできますが、大変な労力(時間と手
間)が掛かかりますし、やり方を間違えると法に抵触してしまうおそれもあります。
自力で探すのが難しいときはプロの探偵に調査を依頼することをおすすめします。
今回は、初恋の相手や学生時代の友人など、ある程度年数が経過した場合の人探しを自分で行う方法と注意
点、探偵に依頼する際のポイントをご紹介します。懐かしの「あの人」に会いたい、と思ったら参考にしてください。

人探し・所在調査・家出調査:関連記事↓↓↓↓↓

・探偵に人探しを依頼した場合、料金はいくらかかりますか?人探しの料金について詳しく解説!

・人探し、所在調査、家出調査:”名前だけで人探しは可能?”

・人探し、所在調査、家出調査:”もう一度会いたい!〇〇年前の人探し調査!初恋の人探しや、旧友に会いたいなど。”

・人探し、所在調査、家出調査:”子どもが家出をする理由、家出をした場合!”

1 懐かしの人に会いたくなる理由

初恋の人や学生時代の同級生に会いたくなるのは一体なぜなのでしょうか。正直、理屈では言い表せない感 情的な部分かと思います。
理由や目的によって調査方法が異なることもありますので、一度、ご自身の理由を確認してみましょう。

1-1【消息を知りたい】

初恋の相手に限らず、昔想いを寄せていた相手、消息が途絶えた友人が、今どこで何をしているのかは誰し も気になることでしょう。
・一度でいいから会って話したい
・改めて交流を持ちたい(メールや電話)
・恋人として付き合いたい
など、人によって様々な目的があることと思います。
あるいは、「元気にしているのか知りたい」「もし亡くなってるのであれば墓参りへ行きたい」といった理
由で、消息だけでも知りたいという方もいらっしゃることでしょう。

1-2【恩返しをしたい】

恋人、友人、恩師など、若かりし頃の自分を支えてくれていた人に御礼を言いたい。そう考えている方も多 いかと思います。
・御礼がしたい
・一言でも感謝を伝えたい
・相手のことを支えてあげたい
特に気まずい別れ方をした相手に対して、そのときの後悔を晴らし、お詫びの意味を込めて恩返しをしたい
と考える方もいます。

1-3【亡くなる前に一目会いたい】

数多くの人との出会いをしてきたかと思いますが、初恋の人や、初めての恋人、青春時代を共に過ごした友 人などは、特別な存在として、いつまでも心の中に残るものです。 そして、ご自身が高齢になったり、大病を患ったりしたときには、「亡くなる前に一目会いたい」と思われ るのではないでしょうか。
・後悔するかもしれない
・残された時間があまりない
と、お考えなのであれば専門家である探偵に人探し調査を依頼するのも一つの手段です。

2「あの人」に会うにはどうすればいい?

所在も連絡先も分からない「あの人」には、一体どうすれば会えるのでしょうか。
ここでは、自分でできる人探しの調査方法をご紹介します。

2-1【検索エンジンを利用】

昨今では、簡単な人探し調査ならインターネットで行うのが最も効率的な方法といえます。 相手の氏名やあだ名を検索エンジンに入力すれば、それだけで相手の情報がヒットすることもあります。加 えて、地域、生年月日、出身校、職業など知っている情報も合わせて入力して検索すればヒット率も上がります。

2-2【SNS を使う】

氏名を検索すると、SNS アカウントがヒットすることがあります。年々SNS 利用者の数は増えています。 Facebook、Instagram、X(旧 Twitter)、ヒットしたいずれかのアカウントからプロフィールを覗いてい けば探している人物に辿り着くかもしれません。
相手のアカウントが見つかれば、DM(ダイレクトメール)などで連絡をとることが可能です。 相手の情報がヒットしない場合には、共通の知人の SNS があれば見てみましょう。知人と相手が SNS 上で 「友達」になっていることもよくあります。 また、知人の投稿内容から相手に関する情報がわかることもあります。相手の行動範囲がわかったら、現地 に行って調査してみるのもよいでしょう。

2-3【共通の知人に聞いてみる】

ネット上で情報が見つからない場合でも、アナログ的な方法で相手が見つかる可能性はあります。まずは、 共通の友人や知人に「あの人は今だうしている?」と尋ねてみるのが有効です。 相手が同級生であれば、共通の知人は多くいるかと思います。誰か 1 人でも所在を知っていれば再会の可能性 がグッと上がることになります。

2-4【卒業名簿を見る】

近年は、個人情報保護の観点から卒業名簿や卒業アルバムに卒業生の連絡先や住所を載せるケースは少なくなっています。しかし、以前は必ずといってよいほど、実家の住所や電話番号が掲載されていたものです。
相手が同級生なら、ご自身がお持ちの卒業名簿や卒業アルバムで相手の実家の連絡先がわかることもあるで
しょう。
今は相手がその住所に住んでいない場合でも、現地調査をすることで有力な情報を得るための手がかりとな
ることもあります。

3 自分で調査を行う際の注意点

「会いたい」という気持ちが先行して、いざ自分で人探し調査を行うにも注意が必要です。デメリットや注 意点をご紹介しますので参考にしてみてください。

3-1【時間と手間がかかる】

基本的に人探し調査とは、ある程度時間が掛かるものです。もちろん、すぐに見つかるケースもあります が、年月の経過によって難しくなってしまうのが一般的と言えます。
友人・知人との関係がすでに途絶えている場合、一から調べていかなければならず、このような調査に慣れ
ていない素人では困難を極めるでしょう。さらに、それを仕事や家事の合間にやるとなると、長期戦を覚悟
しなければなりません。

3-2【通報される可能性がある】

人探しのために現地調査を行うとなると、「聞き込み」や「張込み」も必要となってきます。さらに相手の 所在や近況を調べるためには「尾行」が必要となることもあります。 これらの行為は探偵業法に基づき「探偵業務」として認められているので、プロである探偵が適切な手段で 行う分には合法です。 しかし、素人が個人が行う調査は、周囲の人から不審者とみなされ通報されてしまうことも珍しくありませ ん。
行き過ぎた行為をすると法律に抵触し、罪に問われるおそれがありますので注意が必要です。

3-4【違法となる人探し】

人探し調査を行う際、知らず知らず違法な行為をしてしまう人が多くいます。特に初恋の人探しでは、相手 の現在の生活を知りたいばかりに、前のめりになって行き過ぎた違法調査をしてしまうケースがあります。
※人探し調査から犯罪に繋がるケースとして、 以下を参照ください。
《ストーカー規制法》
・つきまとい行為、尾行、張り込みなど
《住居侵入罪》
・庭やマンション、アパートへ侵入など
《迷惑防止条例違反》
・つきまとい行為、盗撮、盗聴など

《プライバシー権の侵害》
・なりすましによる聞き込みなど
《窃盗罪》
・郵便物の抜取りなど
上記のように、調査を行う中で知らずに法に触れてしまうことも十分考えられますので注意が必要となりま
す。決して無理な調査をしないよう冷静に行動することが大切です。

4 探偵に依頼する理由

人探し調査を個人が、且つ一般の素人の方が行うことは大変なことです。「住所特定」から「近況」まで、 代行して調査を行うのが探偵です。 探偵は国が認めた個人調査をおこなえる唯一の専門職です。その探偵に初恋や昔の友人などの人探しを依頼 するメリットは以下のようなものがあります。
・成功率が高い
・自分で探すより早い
・探していることが周囲の人にバレない
・調査が違法になることがない
経験やノウハウのあるプロの探偵であれば、迅速で確実に調査がおこなわれ、相手や周囲の人へ迷惑が掛け
ることなく成功へと導けます。

5 探偵に依頼する前の注意点

プロの探偵に人探しを任せればスピーディーに相手と会える可能性が高まりますし、違法な調査をしてしま う心配もありません。 確実に探したい人を見つけてもらうためには、探偵に依頼することが得策だといえるでしょう。
しかし、人探しの専門家である探偵といえど、極端に情報が少ない、または不正確な情報が多くある場合は
調査に時間が掛かってしまいます。
自分で調べられることは調べた上で、その情報を探偵に提供することをおすすめします。
ある程度の手がかりがあれば、自分で調べられない部分は探偵がプロのノウハウで調べてることが可能で
す。こうすることで、調査の成功率が上がり、掛かる時間や費用を抑えることができます。

5-1【相手が見つかった後は?】

調査の結果、初恋の相手、同級生、消息の途絶えた友人などが見つかった場合、アクセスする際には相手の 気持ちを第一に考えることが大切です。相手が快く受け入れてくれたら、再会をして交流を深めるのも良い でしょう。 しかし、こちらが会いたいと思っていても、相手も同じように思っているとは限りません。もし、相手に 「会いたくない」と言われてしまっても、しつこく食い下がることはやめておきましょう。 人は、会いたくない相手から執拗に連絡されると嫌悪感を感じるものです。つきまといや待ち伏せ、無言電話や頻繁なメール送信などのストーカー行為は、もってのほのかです。警察に通報されて処罰されるおそれもありますので、絶対にやめておきましょう。

まとめ

人探しを探偵に依頼した場合の成功率は、7 ~ 8 割程と言われています。特殊な場合を除けば、高確率で所在 を突き止めることが可能なのです。
大切な人の想い出を心の中にしまっておくのもよいですが、「気になる」「会いたい」と考えるならば、思
い切って調査をしてみてはどうでしょう。
ただし、素人が自力で人探しをすると、法律に抵触するおそれもあり、自身への不利益はもちろん、相手に
も迷惑をかけるリスクがあります。それを避けるためにも、プロの探偵に依頼して適切な調査を行うことを
検討してみてはいかがでしょうか。
総合探偵社 Beerus(ビルス) では少ない情報からでも人探し調査行うことができます。調査をせず後悔が残るかもしれ ないと思うようであれば一度ご相談ください。

(総合探偵社Beerus‐ビルス)

人探し・所在調査・家出調査:調査関連記事↓↓↓↓↓

・Beerus(ビルス)の人探し調査について詳しくはこちら

・探偵に人探しを依頼した場合、料金はいくらかかりますか?人探しの料金について詳しく解説!

・人探し、所在調査、家出調査:”調査実例はこちら”

・人探し、所在調査、家出調査:”名前だけで人探しは可能?”

・人探し、所在調査、家出調査:”人探しのご依頼が急増中!?家出調査・家出人捜索について詳しくまとめてみました!”

・人探し、所在調査、家出調査:”家出が発覚した時、どうすればいい?候補となる行き先と探し方。警察と探偵事務所の違い”

・人探し、所在調査、家出調査:”人探し、所在調査とはどんなことができる?概要や調査内容、費用相場について”

・人探し、所在調査、家出調査:”消えた風俗嬢を探す!風俗嬢の人探し調査とは。”

・人探し、所在調査、家出調査:”子どもが家出をする理由、家出をした場合!”

・人探し、所在調査、家出調査:”もう一度会いたい!〇〇年前の人探し調査!初恋の人探しや、旧友に会いたいなど。”