Example実例

【身元調査】マッチングアプリで出会った相手の素性とは??身元から素性まで徹底調査!(東京都:30代男性)

24.01.10

【身元調査】マッチングアプリで出会った相手の素性とは??身元から素性まで徹底調査!

◾お客様の相談内容

今回は東京都にお住まいの 30 代男性から、
素性・身辺調査のご依頼をいただきました。
交際を始めて 2 ヶ月の相手がおり、早くも結婚の話を持ち出されているそうです。しかし相手の方はマッチングアプリにて知り合った女性で、正確な個人情報といえるものををほとんど知らないようで、もしかしたら 騙されているのではないのか?と、不安になり調査をしてみようと問合せ → 契約へと至りました。
依頼者様はマッチングアプリを通して女性と付き合うことは初めてのようで、関係値の浅い段階で結婚とい
う重ための話をされたことに、アプリを通して他にもこうした男性がいるのではないかとお考えのようです。
多少年齢も離れていることもあり、本人の身辺も含め調査を行いました。

◾調査方法

対象の情報については、氏名、携帯番号、生年月日のみとなります。そのほかの情報は会話の中で聞いた程 度のもので自信を持って正しい情報とは言えないとのことでした。 まずはこれらの情報から、対象と結び付く情報を集め、現住所を特定します。現住所が特定できれば、行動 調査へ移行し、職場や交友関係を探っていきます。 お持ちの情報量が多いと言えないため、ある程度お時間をいただき調査を行っていきます。

◾調査内容

出会いがマッチングアプリで、依頼者様は相手の方(対象)が、他にも結婚という話題を持ち出して関係を 築いている男性がいるのではないか?と心配されておりました。
まず、対象がマッチングアプリを継続して利用しているかを確認するため、何人かの工作員に調査としてア
カウントを作成させ、条件を絞込み探してみることにしました。
その中の1つのアカウントが、対象と思われる女性とマッチしたため、依頼者様の許可を得て、なんとか食事の予定を取り付けました。それにより本人と直接接触が可能となったため、ある程度の個人情報を会話の 中から聞き出します。 提供されている情報と照らし合わせ、改めて対象本人であることを確認できたら、解散のタイミング (PM9:30)から別の調査員による尾行を開始しました。
これにより対象の帰宅場所を特定し、 自宅なのか、他人の家なのか張り込み等を行い調査を継続して行いました。 入った住居から出てくる様子はなく、翌日 AM11:00 より外出が確認できたので尾行を開始します。この時服 装が変わっていたので、 出掛けで宿泊したものとは考えにくくなります。そのまま職場と思しき場所へ行き、帰宅を時に再度尾行を 行っていきました。

◾調査結果はどうだったか?

初動から連日通しで調査を行い、再度同じ住居への帰宅が確認できたため、拠点であることは濃厚となりま した。
そこから、4 回調査を行った結果、友人と遊んだりする様子は見受けられず、男性との食事や外泊が確認でき ました。
一緒に食事をしていた男性は、おそらくマッチングアプリを通じて初めて会う方なのだろうと、2 人の様子か ら窺えました。
外泊については、PM11:30 頃繁華街付近のラブホテル周辺で男性と落合い、そのままホテルへ入って行き、 チェックアウトは翌日 AM9:30 です。契約時間満了となり事実として証拠と共に依頼者様へ報告をして調査 を終了となります。

◾お客様の悩みは解決したのか?

交際を始めてから 2 ヶ月ということもあり、
依頼者様の中では浮気という認識ではなく、 単に遊び人、パパ活、援助交際のいずれかだろうと判断をされていました。 ただ、今まで金銭や物品の要求はなかったため、その点を本人に話してみて、どのような回答があるかで、 付き合いを考えてみるとのことです。 不安が的中したこともあり、理想的な結果ではありませんでしたが、猜疑心を抱いたまま交際を続け、時間 が経ってから気付くより
早い段階で相手の日頃の様子(素性)が知れてよかったかとのことです。

◾今回の調査費用

調査内容:素性・身辺調査(張込み尾行など) トータル使用時間:54 時間
期間:調査人員:3 人
費用:485,000 円

(総合探偵社Beerus‐ビルス)

・コラムページはこちら

・料金はこちら